東日本大震災及び東電福島第一原子力発電所事故被災の記録<第二版>
   ~飯館村全村避難4年半のあゆみ~
       『までいの村に陽はまた昇る』が届きました!!

 

毎年のボランティアまつり会場で〝たる募金〟を行い、福島県飯館村「いいたてっ子未来基金」に
寄付しています。

先ごろ、飯館村村長のメッセージと共に~全村避難4年半のあゆみ~『までいの村に陽はまた昇る』と題する東日本大震災および原発事故被災の記録冊子がまつり実行委員会宛に届きました。
第1回ボランティアまつり実行委員会で菅野典雄村長からのメッセージを読み上げてご報告しました。
このメッセージ・冊子は安佐南区社会福祉協議会ボランティアサロン(安佐南区総合福祉センター5F)に置かれていますので是非ご覧ください。

 下のスライドで表紙・セクション中表紙などをご紹介します


飯館村からのメッセージ(pdf)

  まて<真手>両手をそえ=ていねい
 までい<真手>に同じ方言。念入りなさま。まじめ。つつましいさま

 「手間ひまを惜しまず」「丁寧に」「時間をかけて」「じっくりと」「つつましく」暮らす・・
   飯舘流スローライフを〝までいライフ(MADAYLIFE)〟と呼ぶ、村のスローガン